焼けない肌の為の徹底対策

日焼けしたくない、美白肌を保ちたいと皆さん思っているはず!でも日焼け止め塗ってるのに、日傘差してるのに焼けちゃってショックを受けている人もいるはず……。そんな人のために徹底的に対策法を紹介します!

 

1.日焼け止めを使い分ける

日焼け止めはとにかくSPFの高い数字のものやPAの+が多いものをとりあえずって思って購入してる方が多いではないでしょうか。それは肌にはよくないことなので今すぐやめましょう。日差しの弱い日は数字の低い日焼け止めを使いましょう。

また日焼け止めにもスプレータイプのものもありますのでスプレータイプの日焼け止めも取り入れてうまく活用しましょう!スプレータイプはメイクをしてる日に大活躍する優れものです。ファンデーションにも日焼け止め効果があるものもありますが効果はずっと続くわけではないです。スプレータイプの日焼け止めを使って徹底的に対策しましょう。日焼け止め効果のファンデーション使っているからって安心するなんて甘いですよ。

 

2.汗はきちんと拭いて

汗を抜ぐわずにその上から日焼け止め使ったり、メイク直しをする方がちらほら見かけます。これは絶対にだめです!肌に汚れを広げているのと同じです。せっかく上から日焼け止め使っても効果はそれほど期待できません。汗はしっかり拭きとって下さいね。また顔の汗を拭きとるために油取り紙をたくさん使っている人をよく見かけますが、油取り紙は1枚だけ使いましょう。油取り紙は肌に必要な油分も吸い取ってしまいます。使ってはダメとは言いませんが、使うなら1枚だけに。できれば顔用のタオルかティッシュをオススメします。ウェットティッシュでも大丈夫です。軽くポンポンと押し当てるようにして汗を拭くのがポイントです。崩れずに綺麗に仕上がりますよ。

 

3.日焼け止めも基礎化粧品と同じ

日焼け止めは伸びがいいからチビチビと使ってませんか?日焼け止めも基礎化粧品と同じように使いましょう。日焼け止めを塗ったら肌に押し込む感じで手のひらで軽く抑えることがポイントです。

いかがでしたか。日焼け止めをうまく賢く使って美白肌を手に入れ、キープしましょう。