簡単スキンケアを継続しよう

スキンケア

私は、中学・高校時代に、屋外スポーツをやっていたこともあり、日焼けもしましたし、汗もかきましたし、また、日焼け止めを塗って、それをきちんとクレンジングせずに、肌が余計に荒れたりしました。

高校卒業と同時に、本格的に化粧をすることになり、親は、当時もなかなか高価な化粧品を一式買いそろえてくれました。
とてもありがたく、私も大人の仲間入りをしたようで楽しかったのですが、化粧初心者には合わなかったのか、肌が荒れ、アイメイクに至っては、目のできものができる始末でした。

そんな私は、自分肌に自信がなく、友達と顔を近づけるものも自信がありませんでした。
家庭教師などのアルバイトをして、そのアルバイト代で、高級な肌荒れ・ニキビ対策の化粧品を買ったり、美容外科に通って、ピーリングやエステを受けたりいろいろためしましたが、お金がかかり長続きせず、効果は表れませんでした。

そんなとき、スキンケア相談をやっている薬局で肌の水分柳雄や皮脂、乾燥肌なのかあぶら肌なのか、混合肌なのかを調べてもらう機会がありました。

そこでわかったことは、私の肌は混合肌で、季節によって肌質が変化しやすいことがわかりました。
また、私は、ニキビができないようにと顔の脂分を徹底的に取り除き、あぶらとり紙が手放せなような状態でした。

しかし、それは私の思い込みで、適度な脂分を残しておかないと、不必要な脂が毛穴から排出され、それがニキビ菌につながることになるのです。

私は、高い化粧品や美容整形は、自分には長続きしないし、鋼が薄いということを実感していたので、以下のことを心がけました。

・プチプラのスキンケア商品でいいのでケチらず存分に使う
・季節や肌の状態によって、基礎化粧品を変える
・適度な脂分・水分は保つ(過度なあぶらとり紙使用を控える)

です。この3点で、劇的に肌の状態はよくなり、新しいニキビが増えなくなりました。

私が、自分で試して、私にちょうどよかったスキンケアは、実は、自作の化粧水でした。
それはオロナインと精製水を合わせたものです。

皮膚の再生を助けるオロナインがニキビ跡や毛穴の広がりを抑えると同時に、精製水で与えた潤いを閉じ込めてくれる役割もありました。