若いころの怠り

若いころの怠りを取り戻すために


私は20年間程スキンケアをしたことがありませんでした。高校生の時に化粧を覚えましたが、化粧を落とさず寝たり洗顔をしないのなんて当たり前でした。
たまに洗顔をしたりすると毎日やろうと思うのですが、どうも長続きしませんでした。

そして日焼けをしたことなかったので夏に友達と遊びに行くと丁寧に紫外線予防をしている子をえらいなと感心するだけでなにもしなかったです。

そんな中20歳を超えた時に足の甲にくっきりとサンダルのあとの日焼けが付きました。よくよくみると腕などにも所々焼けてる部分があり、これは将来ここからシミになると思い、その時から洗顔や化粧水、昼間洗濯物を干すときですら紫外線予防をしています。昔の私では考えられません。

ですがこれからのことは予防出来ますが今までの分は取り返しが付きません。そして今後今まで怠った分がいつ出てくるのかはわかりません。

今思えば学生時代に気をつけていれば焦る必要なかったと思います。
今意識してやっていることは基本的なことですが、基本が一番大事だと思います。私が重点的にやっている3つのことを紹介します。

・化粧落とし
私は必ず家に帰ったらすぐに化粧を落とします。できる限り化粧をしている時間を短くしたいです。そして化粧落としを二回やります。一回でどれ程落ちているかご存知ですか?意外と毛穴に入り込んだ化粧品は一回では落ちないです。なので毎回二回は必ず使います。

・洗顔
私は研究を重ねいい泡を作るのにこだわりました。元から泡になっているタイプは軽く洗っている感じがないので私的には好きじゃないです。泡立たせるのに15分位かかりますが水を少し付け空気を入れるようにひたすら泡立たせます。そうすることで逆さまにしても落ちない泡が作れます。その作った泡をゴシゴシしてはもったいないです。優しく手を肌に直接付けないよう泡だけで洗います。鼻は念入りにやります。そして必ず冷水で流します。冷水じゃないと毛穴が開きっぱなしですからここは大事です。

・化粧水
そして自分に合った、自分が付けていて気持ちいい化粧水をつけます。この時にケチって出し惜しみしては意味ないです。沢山潤いを与えて下さい。そして乳液など保湿も忘れず付けて完成です。


これを全てやり終えるのにかなりの時間がかかりますが吹き出物や日焼けがないので効果あると思っています。参考になれば幸いです。