私のアンチエイジングを伝授

私のアンチエイジングを伝授

女性なら誰もが若々しくキレイでいたいと思います。最近では、男性も若々しくいたいと思い人も増えてきています。若々しさは元気に健康的にも見えるので、常に心がけたいものです。

では、どうしたら若々しくいられるのか、アンチエイジングの秘策をお伝えします。

1:食、睡眠、肌、健康の知識をつけましょう。
知識はものすごいパワーがあります。知識を持つことで意識と行動が変わります。知識がないうちは、メディアの情報に左右されたりして、結局迷うことにもつながります。
では、どんな知識が必要かというと食、睡眠、 肌、健康面です。
『食』若々しくいるには酸化を防止するビタミンをとることと言われますが、サプリメントで取り入れる方も多いです。しかし、一番大事なのはバランスのよい食生活です。それも和風中心がベストです。日本人は欧米人とは胃や大腸のつくりが異なっており、肉やパンより米や魚、大豆を消化するのに適した内臓や歯の作りになっているそうです。良いと言われるものを偏ってとるのではなく、バランスを常に考えた食生活を意識する方がよりよいでしょう。
『睡眠』日の出を見ると体内時計がリセットされ、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されると言われます。またお肌のシンデレラタイムと言われる22時〜2時の間は睡眠を摂る事で、若返りホルモンが分泌され、美容にも健康にも良いそうです。このことから、早寝早起きを心がけることをオススメします。
『肌』体と同様に、お肌自体に元気になろうとする力があります。過保護になり過ぎず、放置せず、適度なバランスでケアをすることが大切です。まず、若々しい肌には「水分」「排出」「血行」この三つの力をバランスよく引き出すケアを選ばれることをオススメします。また、老化の原因の一つである紫外線対策はこまめにすることも大切です。

2:目標をもつ。
若い人でも将来に絶望してたり、「つまらない」が口癖の人は表情から若々しさが欠乏しています。逆に年齢はおじいちゃんであっても、常に前を向いてやりたいことが増えていく人は表情から若々しさが感じられます。
表情も若々しさの秘訣の一つですが、表情は内面から引き出されるものなので、ぜひ内面からの若々しさを引き出したいものです。

3:外見を意識する。
若い人でも、姿勢が悪いと老けて見えます。姿勢を正すことで、見た目も若く見えますが、それだけではなく姿勢を意識すると自然と鍛えられる腹筋の力により健康にも近づくと言われます。
また、歳とともに出かける場所もへり、服装にも気を配らなくなります。だからこそ、あえて出かける場所をつくること、人から見られる意識をもつことで服装から若々しさを心がけることも大切です。

以上、若々しくなる秘策についてお伝えしました。
ぜひ一つでも意識されて、マイナス5歳から目座してみませんか?