飲む日焼け止め ヘリオケア 通販 紫外線カット

紫外線カットのメカニズム

日焼け止めのローションなど、紫外線をカットするための商品が数多く販売されているようです。紫外線カット効果のある商品とは、どのように紫外線を防いでいるのでしよう。

紫外線の吸収や散乱とはどのようなことでしょう。紫外線カットのメカニズムと、光の性質について考えてみましょう。光とは、紫外線以外にも、幾つかのパターンがあります。色として私たちの目が見ることのできるのは可視光ですが、紫外線は目で見ることのできない光です。光にはそれぞれ固有の波長があり、波長の長さで見えるか否かが決まります。赤外線や、エックス線も見えない光です。光によって物が見えるようになるのはなぜかという問いの答えが、紫外線カットの原理につながります。

物質が光を反射することによって、人間の目は色を認識しています。青色の光が見えるなら、物質は青色以外の光を吸収し、青色を反射しているということになります。光は何かにあたった時に、特定の波長が吸収され、特定の波長が跳ね返るようになっています。現象を応用したものが、紫外線をカットすることができる商品なのです。紫外線カット効果があるクリームや傘などは、紫外線を吸収するという性質を持っているため、皮膚に紫外線が届かないようにすることができます。



紫外線をカットする効果のある商品について

日焼け止めクリームは、紫外線をカットするために使うものとしてまず考えるものといえます。近年では、紫外線をカットする作用があるという服もたくさんあります。クリームに使われている紫外線吸収剤や紫外線散乱剤は化学物質です。クリームだけでは不安な場合や、皮膚に薬剤をつけたくない人におすすめです。

紫外線カット製品と呼ばれるものには、大きく分けて2つあります。紫外線をカットするような素材を選択するか、加工方法に工夫を加えるかです。加工段階で紫外線カット効果を付与するものとは、紫外線吸収剤をでき上がった製品や、製品一歩手前の素材に塗布することで、紫外線カットの効果を持たせることです。紫外線をカットする効果は、加工段階で紫外線吸収剤をつけるタイプのほうが、染めるタイプよりも継続的な効果が乏しいとされています。

紫外線カット素材は、繊維製造時にカーボンやセラミック、チタンなどの無機物質や、国が安全と認めた有機物質を練り込む加工方法で作られた素材です。使い続けていても紫外線をカットする性能が低下せず、洗濯機にかけても紫外線カットの成分が失われないことが、紫外線カット素材を使うメリットです。加工される繊維はポリエステルやレーヨンなどの化学繊維です。紫外線カット素材は、綿100%というものはなく、化学繊維を使うものがほとんどです。