フォトフェイシャルでのにきび治療

フォトフェイシャルでのにきび治療のメリット

最近は、にきびが気になる人がフォトフェイシャルを使っているようです。フォトフェイシャルでにきびをケアすることで、どういった利点が得られるものなのでしょう。フォトフェイシャルのメリットはなんといっても、にきび跡の治療をした際の肌への負担が少ないことです。効果は期待できても肌への負荷が大きいレーザーと違って、マイルドな刺激で施術が行われます。

フォトフェイシャルの光が肌の正常な部分には反応せずに肌のトラブルの部分にだけ反応する性質であることが、肌への負担が少ない理由です。フォトフェイシャルは、にきび跡だけでなく、様々な美肌効果があります。肌の代謝を活発にし、皮膚をリフトアップして毛穴を引き締める作用が、にきびのケアと同時にできることが、フォトフェイシャルの利点です。

にきび跡だけを治療したいというオーダーにも対応できますので、フォトフェイシャルは肌に優しい施術が受けられます。フォトフェイシャルは治療時間が短いこともメリットです。顔全体で10~30分程度だといいます。施術が終わった時に、レーザーを使う時のように肌を休ませる必要がないため、そのまま化粧をすることができます。フォトフェイシャルは治療後の痛みや副作用もほとんどなく、患部が少し赤くなる程度で傷跡になる心配がありません。フォトフェイシャルは、にきびができやすい肌の人や、にきびの痕跡を消したいという人におすすめの美容施術です。

 

フォトフェイシャルでのにきび治療の注意点

皮膚への負担が少なく、効果的なにきび治療ができるフォトフェイシャルは注目の美容法ですが、気をつけたいこともあります。フォトフェイシャルを用いた美容施術は、他のレーザー治療と同様、一度で効果を出すというものではありません。ふつうは3週間くらい間隔を空けて、5回~10回程度の治療を受けることになります。

治療が終わるまでにかかる時間は、3カ月から7カ月という計算になります。繰り返し受けることで、お金もかかることになります。一般的なフォトフェイシャルの治療費は、顔全体で1~5万円程度だといいます。にきびに効果があるまでフォトフェイシャルを続けるには、結構な額の予算を組むことになります。にきびのためにフォトフェイシャルを使うという人は、費用負担の見通しを明確にしておくことです。お肌にダメージが少ないフォトフェイシャルといっても、施術を受けないほうがいい人もいます。妊娠中の人やアトピー性皮膚炎の人、光線過敏症の人、日焼けがひどい人などは治療を受けられません。

これらの肌の人は、フォトフェイシャルの刺激の少ない光でも、皮膚を傷める可能性があります。にきびに悩んでフォトフェイシャルの治療を受けようと思ったら、まずは近くのクリニックでしっかりとカウンセリングを受けましょう。どのようにフォトフェイシャルを受けるかをあらかじめ知っておくことで、にきび治療がしやすくなります。