飲む日焼け止め ヘリオケア 通販 UVA UVB

UVAの特徴

UVBと比較するとUVA自体のエネルギー量は小さいものの、地上に届く紫外線のうち約95%がUVAであるため、照射量が多く、波長が長いため、雲や窓ガラスを透過し、肌の内部にまで浸透し、真皮にまで到達し、お肌のハリや弾力には欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成する線維芽細胞にまでダメージを与え、シワやたるみといった肌の老化(光老化)を引き起こします。さらに、メラニン色素を酸化させるなど、シミの原因にもなります。

UVAはUVBと違い、肌に火傷のような炎症(サンバーン)を引き起こすことはなく、短期的には、肌へのダメージは少ないように感じますが、実は、肌の内部にダメージを蓄積し、少しずつ肌の老化を進行させ、長期的に見ると肌に非常に深刻なダメージを与えます。

顔や手など紫外線にさらされることが多い部分の肌の老化原因の約8割は光老化によるもと言われており、光老化を引き起こす主な要因はUVAであるため、肌の老化を防ぐためにはUVA対策がもっとも重要になります。

さらに、UVAは、季節・天気問わず年中地上にまで到達するため、年間を通して対策が必要です。

  • 波長が長く、肌の内部真皮にまでダメージを与える。
  • 雲や窓ガラスも透過する。
  • シミやシワ、たるみなど光老化を引き起こす。
  • 天気・季節・時間に関係なく降り注いでいる。



UVBの特徴

波長が短いため、オゾン層や雲に吸収されやすく、地上に届く紫外線のうちUVBの占める割合は約5%とUVAと比べ非常に少なく、肌の表面で吸収され、肌の内部の真皮層まで到達することはありませんが、非常にエネルギー量が強いため、大量に浴びると短時間でも、表皮に火傷のような炎症(いわゆる日焼け)を引き起こします。また、シミやソバカスの原因にもなります。

さらに、健康面でも影響が大きく、皮膚ガンや緑内障などの発症リスクを高め、免疫機能を低下させることがわかっています。さらに、表皮細胞やDNAを傷つけるなど、健康への影響が強いのです。


  • 表皮に大きなダメージを与える。
  • 大量に浴びると、赤くなり、痛みを伴う炎症を引き起こす。
  • シミやソバカスの主な要因
  • 皮膚ガン・緑内障の発症リスクを高め、免疫機能の低下を招く。


日焼けとは違う赤ら顔を対策するには

顔などを日焼けをすると皮膚がやけどをした状態になり赤みを帯びてしまいますが、それとは別の理由で赤みを帯びている状態になっている赤ら顔。原因は皮膚内部の血管が透けて見えることが原因です。そのため、赤ら顔に対して紫外線対策を行っても基本的には治りません。そこで赤ら顔の切り札アイテムとして血管の拡張を鎮める化粧水があるので、日焼けではく赤ら顔の場合は、そちらを利用するのがおススメです。