紫外線と光老化

紫外線による影響として、肌の表面が火傷したような炎症(サンバーン)を引き起こしたり、肌が黒くなったりと短期的な肌の変化として、目に見える変化がありますが、紫外線による影響として一番怖いのは、光老化による肌の老化です。光老化による影響は、皮膚内部から徐々に進行していくため、気づいた時には、取り返しのつかない状態になってしまった・・・なんてことにもなりかねません。

光老化とは、紫外線による肌の老化現象です。とくに、顔や腕など紫外線にさらされることが多い部分の肌の老化要因の8割は、光老化によるものと言われております。

その光老化を引き起こす最大の要因はUVAです。しかも、UVAはUVBと違い季節や天気、時間による照射量の変化が少なく、年間をとおして降り注いでいるため、光老化を防ぐには、年間をとおしUVA対策を行うことが重要です。

 

光老化による肌の変化

光老化によるシミ

紫外線を浴びると表皮の最下層にあるメラノサイトが刺激され、メラニン色素の生成を促します。そして生成されたメラニン色素を多く含んだ細胞が基底層から表面部分に現れることで、肌が浅黒く変色します。一時的に紫外線を浴びたことによるものであれば、時間とともに肌のターンオーバー(生まれ変わり)によってもとの色に戻りますが、紫外線を浴びる生活を続けていると、メラノサイトが異常に活性化・増殖をして、メラニン色素を大量に生成するようになります。こうして大量に生成されたメラニン色素の一部が、肌のターンオーバーでは、排出できなくなり、肌に蓄積したままの状態(色素沈着)となり、シミとなります。

 

光老化によるシワ・たるみ

肌内部の真皮にまで到達するUVAにより、お肌のハリや弾力には欠かせないコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成する線維芽細胞にまでダメージを与え、シワやたるみを発生・進行させていきます。

さらに、UVAは体内で活性酸素も発生させ、コラーゲンやエラスチンを酸化させてしまい体の中から肌の老化を進行させます。こうして肌を支える力やハリが失われることで、肌表面にシワやたるみとなって現れます。